クラシックス

「暮らし」のプロフェッショナルを目指して

スポンサーリンク

世界が変わる「高音質ヘッドホン」のおすすめを紹介【ワイヤレスやBluetooth対応も】

美しい生活に音楽は欠かせませんよね?

私は毎日YouTubeで音楽のビデオを見たり、音楽アプリで曲を聴いたりしています。

スマートフォンで音楽を聴いたり動画を見ることが一般的になり、ますますヘッドホンの需要は高まっていると思います。

f:id:kurashi-x:20170711124215j:plain

みなさんは「音」にこだわるタイプですか?

「とりあえず振動さえくればいい」という考えの人もいるかもしれませんが、そんな人でも、一度「高音質ヘッドホン」を使ってみると「世界が変わる」と思います

いや、ほんとにヘッドフォンってすごいですよ?

騙されたと思って一度試してください!

「密閉型」か「開放型」か

ヘッドホンのタイプは、おおまかに「密閉型(クローズド)」と「開放型(オープンエアー)」に2分できます。

「密閉型」は、音漏れが少ないので屋外での使用に向いていますが、音が籠もりやすく長時間聴いていると疲れてしまう場合があります。

「開放型」は、シャカシャカ音漏れしてしまいますが、音が籠もる圧迫感がなく、長時間快適に音楽を聴き続けることができます。一人暮らしの部屋でちゃんとした音楽を聴きたい人なんかにおすすめです。

※「開放型」のヘッドホンで電車などに乗ると、音漏れで周囲の人が迷惑を被るので、絶対にやめてください。そのような使い方が想定される場合は「密閉型」を選びましょう

「有線」か「無線」か

ヘッドホンには、ケーブル(ワイヤー)でヘッドホンで繋ぐ「有線タイプ」と、Bluetoothなどの規格で、線で繋がずにヘッドホンと機材を接続する「無線タイプ(ワイヤレスタイプ)」があります。

ちなみにBluetooth(ブルートゥース)とは、無線でデジタル機器同士を繋ぐための規格のことです。

無線(ワイヤレス)は、ケーブルが要らないので快適ですが、やはり有線と比べれば音の通信は難しくなるようで、現在も高音質ヘッドホンは有線のものが多いです。

一方で、無線でも驚くほど高音質なヘッドホンも開発されています

どのお値段からが「高音質ヘッドホン」?

普通のヘッドホンが2000円程度なのに対して、現在は5000円程度のものを出せばかなり高音質なヘッドホンを買うことができます。

それ以降は価格が青天井に上がっていき、性能なども良くなっていますが、ひとまず5000円が一つのラインだと思ってください。

今まで普通のイヤホンやヘッドホンを使っていた人は、とりあえず5000円程度のものを使ってみると、「世界が変わる」感覚を得られると思います。

この記事では、安価なものから順番に紹介しています。よかったら参考にしていってくださいね。

それではさっそく紹介していきます!

Creative ヘッドホン Aurvana Live!(アルバナ ライブ)

f:id:kurashi-x:20170709105734j:plain

メーカー クリエイティブ・メディア
タイプ 密閉型
接続 ケーブル
音質 ★★★★
付け心地 ★★★
コスパ ★★★★★
おすすめ度 ★★★★★

「アルバナ」と言えば、ちょっとヘッドホンにこだわりを持つ人で知らない人はいないくらいのブランドです。

初心者でも、始めて良いヘッドホンを買おうと思っている方も、とりあえずこれを買っておけば間違いないというくらいオススメの商品です。

実は、ヘッドホンもテレビと同じように技術革新によって古いタイプのものは急速に値段が下がっているのです。

発売当時は1万円以上した商品が、現在は5,000円程度で買えます。

性能は本物で、これこそ「世界が変わる」高音質ヘッドホンです。

音楽に浸る楽しみを倍増させてくれるでしょう。

デザインや装着感なども、クセがなく快適です。

コスパでこれを超えるものはまずないと思うので、特にこだわりはないけど高音質なヘッドホンを使ってみたいという方は、これをオススメします

Creative ヘッドホン Aurvana Live! HP-AURVN-LV

Creative ヘッドホン Aurvana Live! HP-AURVN-LV


JBL T450BT ワイヤレス Bluetooth オンイヤーヘッドホン

f:id:kurashi-x:20170709113029j:plain

メーカー JBL
タイプ 密閉型
接続 Bluetooth
音質 ★★★
付け心地 ★★
コスパ ★★★★★
おすすめ度 ★★★★

アメリカにある世界有数のスピーカー製造会社「JBL」の製品です。

Bluetoothで接続できる、ワイヤレスのヘッドホンで手頃なものが欲しい方にはこれをおすすめします

本格的なサウンドを安価で手軽に楽しめ、「JBL」製品の入門版の位置付けになっていますが、これで十分すぎるくらい高音質のヘッドホンです。

ワイヤレスで密閉型なので、通勤・通学時のヘッドホンにするのも便利だと思います。

付け心地はちょっと固い印象があるのですが、ケーブルを繋がなくていいのは圧倒的に楽です。

Bluetooth機なのにこの安さでこの性能は驚異的ですね。すごくおすすめです。


beyerdynamic オープン型オーバーヘッドヘッドホン DT 990 PRO

f:id:kurashi-x:20170709121339j:plain

メーカー Beyerdynamic
タイプ 開放型
接続 ケーブル
音質 ★★★★★
付け心地 ★★★★
コスパ ★★★★
おすすめ度 ★★★★★

ドイツの「ベイヤーダイナミック」というメーカーの製品で、プロが使うことを想定された製品です。

値段は2万円程度と非常に高いですが、「格の違い」を感じることができると思います。

「なぜヘッドホンの質でここまで音楽が違ってくるの?」と疑問に思いたくなるレベルです

低音から高音まで、完璧に素晴らしく響きます。アンプを使っても問題なく、どんな音源にも対応しています。

開放型のヘッドホンなので、家でできるだけ良い音楽を聞きたい人はこだわってみてもいいかもしれません。

このレベルのものをいきなり買うのは勇気がいると思うので、家電量販店の試聴コーナーに行って、一度使ってみるといいかもしれません。

【国内正規品】beyerdynamic オープン型オーバーヘッドヘッドホン 業務用 DT 990 PRO

【国内正規品】beyerdynamic オープン型オーバーヘッドヘッドホン 業務用 DT 990 PRO


ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン MDR-1000X

f:id:kurashi-x:20170709130226j:plain

メーカー SONY
タイプ 密閉
接続 Bluetooth
音質 ★★★★★
付け心地 ★★★★
コスパ ★★★
おすすめ度 ★★★★★

ワイヤレス(Bluetooth対応)のヘッドホンで質をとことん追求したい方に勧めたいのが、ソニーの「MDR-1000X」です。

さすが世界のソニー!

ワイヤレスヘッドホンの分野では、世界の高級メーカーに勝るとも劣らない高品質の製品を市場に出しています。

いわゆる高級ヘッドホンは有線のものがまだ多いのですが、このソニー製品は、無線でありながらも完璧な高音質を実現しています

密閉型で音漏れもないので、外出時に快適に使うことができます。(こんな良いもの外に持ち出すの怖いですけどね!)

ヘッドホンをつけながら、タッチして周囲の音を聞こえるようにする「クイックアクションモード」や、曲を流しながら周囲の音も同時に聴くことができる「アビエントサウンドモード」など、音楽を聴きながら外を歩くための機能が充実しています。

世界のウォークマンを生み出したソニーのプライドを感じる製品です

これを付けてお気に入りの音楽を聴きながら外を歩くのは、最高の贅沢かもしれませんね。


ゼンハイザー HD650 オープン型ヘッドホン

メーカー Sennheiser
タイプ 開放型
接続 ケーブル
音質 ★★★★★
付け心地 ★★★★
コスパ ★★
おすすめ度 ★★★

f:id:kurashi-x:20170709124648j:plain

最後に、超高級ヘッドホンを紹介したいと思います。

ヘッドホンマニアであれば誰もが知っているドイツ製「ゼンハイザー」社の、珠玉のオープン型ヘッドホンです。

定価は6万円以上ですが、AmazonなどECサイトで4万5千円ほどで売っていることもあるので、気になったらチェックしてみてください。

このヘッドホンが現状の世界最高と評価している人も多いです

Amazonのカスタマーレビューなどを見ると、識者の方々が長文のレビューを書き込んでいて、いかに敬愛を集めているヘッドホンなのかがわかります。

実は私はこれを持っていなくて、「いつか買いたいなあ〜」と思い続けてきた製品なのです。まだ買えていませんけどね。

欲しい!!

ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 HD 650【国内正規品】

ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 HD 650【国内正規品】


以上になります。

ヘッドフォンは、メーカーが積極的に宣伝をかけているものは(宣伝費がかかっているぶんだけ)コスパが悪いので、Amazonでも買える安定の商品を紹介しました。

高い買い物になりますので、もし時間に余裕があれば家電量販店などに行って一度試聴してみることもおすすめです。

広告