クラシックス

「暮らし」のプロフェッショナルを目指して

スポンサーリンク

VRゴーグル(VRヘッドセット)の使い方とおすすめを紹介!スマホ用とPCゲーム用どれを買うべき?

これから「VR(バーチャル・リアリティ)」がますます流行していくことは間違いありません。

一足先にVRの世界を堪能できるアイテムが「VRゴーグル」です。「VRヘッドセット」や「VRヘッドマウントディスプレイ」と呼ばれることもあります。

今回は、おすすめの「VRゴーグル」を紹介していきます

ですがその前に、「VRゴーグル」で何ができるのか、スマホ用とパソコン用の違い、使い方、選ぶ際のポイントなどを解説していきます。

VRゴーグルで何ができるのか?

VRゴーグルでできることを大きく二つに分類すると

  • VR動画を見る
  • VRゲームを体験する(VRの世界で動く)

に別れます。

つまり、ただ見るだけ(視点を操作するだけ)か、VRの世界で何かを動かすかの違いです。

当然ながら、VR映像をただ見るだけよりも、「VRゲーム」などの操作が介在するもののほうが、高性能な機器が必要になります。

スマホ用とPC用の違い

「VRヘッドマウントディスプレイ」には、スマートフォン用とPC(パソコン)用があるのですが、現状では、PC用のVR機器は超高給品です

スマホ用の「VRゴーグル」は、1,000円〜4,000円くらいの価格でまともなものが手に入るのに対して、パソコンに接続するタイプのVRヘッドセットは5万円以上は必要です。

パソコンで遊ぶ本格VRは、まだ価格が下がって一般向けになる途中なので、よほど気になるかお金に余裕がないかぎりオススメできません

「VRゲーム」を遊びたいのであれば、VR用の家庭用ゲームハードである「PlayStation VR(プレイステーションVR)」がおすすめです

一方で、「スマホ用VRゴーグル」は、価格が下げ止まり、現状でとても安く高品質なものが手に入るので、今が買い時だと思います

VRゴーグルの使い方

使い方は超簡単です。基本的には、パカっと開けて中にスマホをセットするだけ

f:id:kurashi-x:20170915114935j:plain
f:id:kurashi-x:20170915135112j:plain
(後に紹介する「Canbor VRゴーグル」のAmazonページより画像引用)

人によって丁度いい距離が違う、「瞳孔距離(左右の瞳孔の間の距離)」と「焦点距離(焦点までの距離)」を調整して見やすくします。

あとは、スマホをセットしてVR対応の映像を流すだけです。

装着すると、そこにはバーチャル・リアリティの世界が広がっています。

頭を動かしたり、コントローラーを使ったりして、視点を変えることも可能です。

ハイテクに見えますが、仕組み自体はとてもシンプル

VR動画を視聴する

「YouTube」の公式アプリはVRに対応しているので、ヘッドセットに装着すれば、あとは再生するだけでVR動画を体感することができます。

例えばこれは、「スーパーマリオブラザーズ」のステージをVRで見たもの。このようなレトロな映像でも、バーチャル・リアリティで見るとまた新鮮な面白さがあります


これは、女性だらけのフィットネスクラブの中を見渡し放題という動画。そのまま見るとただシュールなだけですが、VRモードで見るとスゴいです!


基本的に、スマホVRは、映像を見るのがメインの使い方になります

近年、(主に男性陣に)注目されているのが「VRポルノ」です。

日本のDMMという企業が率先的に取り組んでいて、世界的な注目を集めています。

DMMのVRポルノも、「VRゴーグル」とスマートフォンさえあれば視聴できます

当然ながらYouTubeにそのような動画はありませんが(笑)、DMMのVR用アプリを落とすことで、VRモードで見ることが可能になります

VR対応のスマホゲームアプリ

VRに一部対応しているスマホゲームもあります。

例えば『アビスリウム』という岩や魚を育ててアクアリウム(水族館)を作るアプリは、自分が作ったアクアリウムをVRモードで眺めることが可能です。

アビスリウム - タップで育つ水族館

f:id:kurashi-x:20170915142409j:plain

 

他にも、美少女・萌え系のゲームアプリなどで、イベントシーンがVRに対応しているというものもけっこうありますね
スマホをゴーグルの中に入れてしまうので、操作はできず、基本的にはまだ映像を見るだけのものが多いです。

ただ、現状でもVRにスマホをしまった状態で操作できる「VRコントローラー」が発売されていて、今どんどん新しく「VR用ゲームアプリ」が開発されている最中です。

VR時代の覇権を握るような面白いスマホゲームが生まれてくることを期待して待ちましょう

本格的なVRゲームをするなら「PSVR」かパソコン用ヘッドセット

VR映像を見るならスマホ用で事足りますが、本格的にVRゲームをやりたいのであれば、現状では「プレイステーションVR」が一番おすすめです。

PlayStation VR

PlayStation VR

PC用としては、「Oculus Rift」や「HTC Vive」などの本格的なヘッドマウントディスプレイが販売されていますが、約10万円と、普通の人にはなかなか手が届かない価格です。

もう少しソフトが揃って、安価な端末が販売されるのを待ったほうがいいと私は思います。

おすすめの「VRゴーグル」を紹介

それでは、長くなりましたが、おすすめの「VRゴーグル」「VRヘッドセット」「VRヘッドマウントディスプレイ」を紹介していきます

対応している機種ですが、サイズが4.0インチから6.0インチの間であればどのスマホにも対応しています。「普通のスマホなら大丈夫」と考えていいです

「iPhone X」の画面サイズが「5.8」インチで、「iPhone SE」のサイズが「4.0」インチなので、iPhoneであれば全機種に対応しています

Android端末も、極端に小さかったり大きかったりしない限りまず大丈夫でしょう。(対応機種などの情報は表に記載しています。)

今回は、価格が安いものから順番に紹介しています。

数ある中から厳選して数を絞ったので、どれも間違いない製品です

VRゴーグルを買おうと思っている人は参考にしていってください!


VOX 3DVR ゴーグル ヘッドマウント用 ヘッドバンド付き ホワイト

f:id:kurashi-x:20170915112428j:plain

格安で使いやすい! スマホVRを試したい人にはベストな選択!

ブランド VOX
価格 約1,700円
サイズ 230×145×140mm
重量 約499g
保証期間 12ヶ月
焦点距離 調整可
瞳孔間距離 調整可
対応機種 iOS、Android(4〜6インチ)

値段の安さを考えれば、最高クラスではもちろん無いけれど、十分にVRをエンジョイできます。

焦点距離や瞳孔間距離の調整もちゃんとできるし、顔に付着する部分には光を遮断してくれるクッションもついていて、この価格とは思えないほどのクオリティです

メガネをかけていても付けることができ、安価ながらもとても考えて設計されています。

自信を持っておすすめできる必要十分なVRヘッドセットです


Urgod 3D VR ゴーグル ヘッドセット•メガネ/VR BOX

f:id:kurashi-x:20170915103323j:plain

Amazonベストセラー1位! 衝撃の安さとクオリティでセール中!

ブランド Urgod
価格 約1,700円
サイズ 200×100×140mm
重量 約380g
保証期間 12ヶ月
焦点距離 調整可
瞳孔間距離 調整可
対応機種 iOS、Android(3.5〜6インチ)

Amazon商品ランキングで1位を獲得した売れ筋のVRゴーグルで、かなり割引されて今なら1,700円くらいで買えます

視覚野が120度あって、なかなかの臨場感で映像を見ることができます。

近視度数・遠視度数の調整機能があって、視力の悪い人がメガネやコンタクトを外した状態でも見ることができます。

この値段でこの性能なので、文句をつける人はほとんどいないと思います

こちらも自信を持っておすすめできる格安VRゴーグルです。


VR SHINECON VRメガネ 3Dゴーグル

f:id:kurashi-x:20170915113750j:plain

フィット感バツグンで、安物とは思えない快適なVR体験が可能

ブランド VR SHINECON
価格 約2,200円
サイズ 217×159×113mm
重量 約395g
保証期間 1ヶ月
焦点距離 調整可
瞳孔間距離 調整可
対応機種 iOS、Android(4〜6インチ)

調整の効くフィット感のあるゴムで、ヘッド部分も装着しやすい構造になっているので、着け心地がとても良いです

メガネと一緒にかけることはできませんが、近視度数0-600までであれば、焦点距離の調整することで、近視の人でもメガネ無しでVRを楽しむことができます

飛び抜けて優れたセールスポイントがあるわけではありませんが、この価格で高い性能なので、コストパフォーマンス抜群であることは間違いありません


Canbor VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属

f:id:kurashi-x:20170915114935j:plain

リモコン付き! 光学レンズ技術によって目にも優しい! 長く使い続けることのできる優良ヘッドセット

ブランド Canbor
価格 約3,400円
サイズ 196×170×124mm
重量 約553g
保証期間 1ヶ月
焦点距離 調整可
瞳孔間距離 調整可
対応機種 iOS、Android(4〜6インチ)

安いヤツの倍くらいと、そこそこの価格がしますが、値段を裏切らないハイスペックなVRゴーグルです。

説明書も日本語の丁寧なものがしっかりついてきて、操作方法で戸惑うこともありません。

リモコン(Bluetoothで接続できるコントローラー)がついているので、Bluetoothに対応しているスマホなら、ゴーグルにスマホをセットしたまま手で操作することができます

リモコン(コントローラー)は、ゴーグルとは別に売っていたりもするのですが、リモコンとセットになっているこれを買ったほうがお得だし使いやすいと思います。

Canbor VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属

Canbor VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属


T-PRO 3D VRゴーグル イヤホン一体型

f:id:kurashi-x:20170915115435j:plain

高音質イヤホンと一体型になって、完璧な没入感を演出

ブランド T-PRO
価格 約3,900円
サイズ 210×230×110mm
重量 約449g
保証期間 交換保証1ヶ月、返金保証12ヶ月
焦点距離 調整可
瞳孔間距離 調整可
対応機種 iOS、Android(4〜6インチ)

人間工学に基づいて設計されたレザークッションにより、ずっと着けていられる快適な装着感で、しかもイヤホン一体型となっているので、「これぞVR!」と言ったワンランク上の没入感が得られます

基本的にVRゴーグルは、スマホから直接音を出すかイヤホンを使って音を聴くのですが、音量の調整を事前にしておかなければならないなど、不便な点もややあります。

このヘッドセットは、立体的な音質の高性能イヤホンを搭載することによって、完璧にデザインされたVR体験を可能にしています。ダイヤルを回すことで手軽に音量の調整も可能です。

使いやすさNo.1」が意識されていて、付属の操作マニュアルに加え、日本人スタッフによるカスタマーサポートも充実しています。

保証もしっかりしていて、製品に対する自信の高さが伺えます


Galaxy Gear(ギャラクシーギア) VR with Controller

f:id:kurashi-x:20170915120054j:plain

Galaxyユーザーに朗報! 専用機だからこそできる、ワンランク上のVRゲーム体験

ブランド by Galaxy
価格 約12,500円
サイズ 122×207×98mm
重量 約345g
保証期間 12ヶ月
焦点距離 調整可
瞳孔間距離 調整可
対応機種 Galaxy S8、Galaxy S8、Galaxy S7 edge、Galaxy S6、Galaxy S6 edge

「Galaxy」のスマホでしか使うことのできない、高級VRヘッドセットです

対応しているスマホを絞ることによってしか実現しないスマホ最高レベルのクオリティが追求されています。

VR市場を牽引する「Oculus(オキュラス)」のアプリを使うことができ、VR専用のシューティングゲームなど、様々なものを遊ぶことができます。

1万円以上する高価な製品ですが、現状では最も安くVRゲームをまともに遊ぶ手段です。(ただしスマホがGalaxyの人限定。)

Galaxyのスマホを選ぶ理由の一つになりそうなくらい、VRゲームをしたい人にとって素晴らしい製品です。ただ見て楽しむのでなく、実際に操作してVRの世界を動き回れます。


HTC Vive バーチャルリアリティ ヘッドマウントディスプレイ

f:id:kurashi-x:20170915180444j:plain

PC用のVRヘッドマウントディスプレイ!「SteamVR」の可能性にかけるならこれ!

ブランド HTC、Valve
価格 約109,800円
対応機種 PC
SteamVR公式サイト SteamVR

台湾の超大手スマホメーカー「HTCコーポレーション」と、世界的なゲーム配信プラットフォーム「Steam」の協力によって生まれた、「Oculus(オキュラス)」への対抗馬的なVRセットです。

「SteamVR」というVRゲーム用のプラットフォームが準備され、「Oculus」に次ぐVRゲーム機器の有望株となっています

「ポジショントラッキング」という技術で、歩いたりしゃがんだりといった動作をゲーム内で行うことができ、将来性を感じさせます

「Steam」はたくさんのユーザーを抱え、インディーズゲームが盛んに投稿・購入されているプラットフォームであり、VRゲーム市場で「Oculus」を超える可能性があるとも見られています。


Oculus touch オキュラスタッチ for Oculus Rift

f:id:kurashi-x:20170915185929j:plain

VR界の最高峰! ビックウェーブに乗りたいならこれ!

ブランド Oculus
価格 約120,000円
対応機種 PC
Oculus公式サイト Oculus

VR(ヴァーチャル・リアリティ)の最先端を走る「Oculus(オキュラス)」の製品です

ただ、上の「HTC Vive」もそうですが、現時点での購入はあまりおすすめできません

本格VRはまだ発展途上であり、みんなが遊びたがるようなソフトが発売される頃には、もっと端末の価格も一般的なものになっている可能性が高いからです。

一部のアーリーアダプター向けのお値段ですね。

VRが素晴らしい体験であることは間違いないし、最も将来性を感じる分野でもあるのですが、「現時点」で過度な期待をすると裏切られると思います。

ただ、お金に余裕がある人は、一足先に遊んでみてほしいです。お金を出して買うことは、産業の発展に貢献することにもなりますからね。

Amazonよりも公式サイトなどから購入するほうが安いので、複数の購入方法をチェックしてみてください。



以上になります。

本格的なVRゲーム機器は、まだ庶民には手が届かないくらい高価ですね

一方で、スマホ用のVRゴーグルは、イメージよりもずっと安く手に入ります

一般的なVR動画だけでも没入感がスゴいので、一度どのようなものか試してみることをおすすめします

まあ現状では、男性向けの動画が主な使い方かもしれませんが……。

私が男性だったらDMMのVRにどっぷりハマっていたかもしれません(笑)

広告