クラシックス

「暮らし」のプロフェッショナルを目指して

スポンサーリンク

ドライブレコーダーとは何か?取り付け方法とAmazonで買えるおすすめを紹介【ドラレコ】

ドライブレコーダー」とは、車に取り付け、走行中の映像を記録しておくビデオカメラのことです。

ドラレコ」と略されることもあります。

最近は、ドライブレコーダーを付けるのが当たり前のような風潮になっていますね。

ドライブレコーダーの普及によって、事故の衝撃的な映像を映した動画が、SNSなどにたくさん流れるようにもなりました。

最近は、1万円以下でも高性能がドラレコを購入できるまで価格が下がっているので、多くのドライバーが車に取り付けるようになりました。

今回は、ドライブレコーダーの取り付け方やAmazonで買えるおすすめを紹介していきたいと思います。

なんでドライブレコーダーが必要なの?

ドライブレコーダーがなぜ必要なのか、それは、事故が起こったときにこちらの非が無いことを証明するためです。

事故が起こった場合、どちらにどれだけの非があるのか、という話し合いはほぼ確実に起こります。相手のほうが100%悪くても、何かとゴネられたりする場合も多いのです。

しかし、こちら側が映像の証拠を残しておけば、自分に非がなかったことを簡単に証明できます

事故を起こした相手が逃げた場合でも、カメラに相手の姿やバックナンバーが映るので、警察に捕まえてもらいやすくなります。

事故の映像ではありませんが、以下のツイートなどを見れば、ドライブレコーダーをつける意味が十分に理解できると思います。

ドライブレコーダーは合理的に作られていて、衝撃に強いので衝突などが起こってもよっぽどのことがないかぎり壊れたりしません。

自動で録画してくれて古いものから映像が消えていくので、事故が起こった後であれば、絶対に映像が残っている仕組みです

車に取り付けておくだけで良いのでメンテナンスの必要がほとんどなく、エンジンと同時に起動するものがメジャーなので、万が一のためにとりあえず付けておけばいい、といった感覚です。

高画質カメラが安くなったことによって生まれた文明の利器ですね。

ドライブしたときの記録の保存にも使えて、撮った映像をYouTubeなどに投稿している人もいますね。それなりのスペックのドライブレコーダーなら、万が一のときのためではなく、純粋に映像を記録するためのカメラとしても使えます

ドライブレコーダーの取り付け方

ドライブレコーダーは、「ルームミラー」か、フロントガラスの上から20%くらいまでのところに取り付けます

ほとんどの場合、ルームミラーにくっつけるようにして付けることができます。

f:id:kurashi-x:20170822105840j:plain

製品を買えば、当然ですが説明書に取り付け方法が書いてあるので、それを見れば大丈夫です。

もし取り付け方がわからない場合、「(製品名) 取り付け方」とグーグル検索しましょう。

取り付けるのが難しくてわかりにくい製品の場合でも、本記事で紹介する有名なものであれば、ブログやYouTube動画などで取り付け方を解説しているものが見つかります。

おすすめのドライブレコーダーを紹介

おすすめできるドライブレコーダーを紹介していきます。

基本的に有名な製品ばかりを取り上げていますが、役割がハッキリしているものなので、マイナーなものを選ぶ必然性は特に無いと思っています。

※「価格」は、時期によって、あるいはAmazonで買うか他の通販サイトで買うかなどによって変動してくるので、実際にサイトに行ってみて値段をチェックしてください。

それでは、早速紹介していきます。ドライブレコーダーを買おうかどうか考えている方は参考にしてみてください。

ハル ドライブレコーダー 1080P 2.7インチ

f:id:kurashi-x:20170822150051j:plain

格安だが最低限まともに使える。どうしても1万円以下で欲しい方に!

メーカー ハル
価格 約6,500円
サイズ 45×103×46mm
重量 100g
解像度 最大1920x1080
フレームレート 30fps
記録画角 170度大広角
おすすめ度 ★★★☆☆

セール価格で6,500円と、標準的なドライブレコーダーよりも5,000円程度安いですが、必要な仕事はしっかりこなしてくれます。

急激な明るさの変化に強い「WDR(ワイドダイナミックレンジ)画像補正機能」を搭載しているので、夜間のライトの反射などでナンバーが見えなくなるといった現象にも対応できます。

少々大きめのサイズですが、モニターとボタンが大きくて扱いやすいです。

車のエンジンをかけると連動してドラレコにも電源が入り、自動で録画を開始します。

モーション検知センサー内蔵で、強い衝撃や動きを検知すると、万が一のために記録がロックされてすぐに削除できなくなります。


コムテック ドライブレコーダー ZDR-012

f:id:kurashi-x:20170822105833j:plain

Amazonベストセラー1位! 高評価多数の人気ドライブレコーダー!

メーカー COMTEC(コムテック)
価格 約12,000円
サイズ 27×58×57mm
重量 79g
解像度 最大200万画素
フレームレート 29fps
記録画角 水平109°垂直57°(対角135°)
おすすめ度 ★★★★★

手頃な価格で、取り付けやすく使いやすく、必要な機能やスペックが十分なので、万人におすすめできる優良商品です。

最大でフルHD200万画素の高画質で、映像の写りに関して、事故などの記録としては完璧に十分。ドライブの記録映像としては少々物足りないくらいだと思います。

コムテック製は、Amazonのページに取り付け方法の説明動画が載っていたりと、とにかく親切で、それがドライバーからの圧倒的な支持に繋がっているのかもしれません。

エンジン音で録画がスタートされ、衝撃を検知すれば自動的に録画データとしてちゃんと保存されるので、特に何も考えなくとも車につけておけば安心です。

操作方法がわからない両親や祖父母の車に自分で取り付けておけばそれでよく、しっかりと考えて設計されている製品です。


コムテック ドライブレコーダー ZDR-014

f:id:kurashi-x:20170822111414j:plain

コムテック製の最新バージョン! より使いやすくより高性能に!

メーカー COMTEC(コムテック)
価格 約15,000円
サイズ 27×58×57mm
重量 89g
解像度 最大200万画素
フレームレート 29.1fps
記録画角 水平120°垂直63°(対角145°)
おすすめ度 ★★★★★

一つ上で紹介したコムテック製品の新しい型番です。基本的な仕組みや操作方法は変わっていませんが、GPS機能が追加されていたりと、ちょっとバージョンアップしています。

画質もより綺麗に見えるようになっているので、走行中の映像を撮るためのカメラとしても使いやすくなっています。「マニュアル録画機能」も導入されているので、自分の好きなタイミングの映像を記録することも当然ですができます。

上の機種よりも3,000円程度高いですが、ちょっと良くなった最新のものが欲しいという方はこちらがおすすめです。


ケンウッド(KENWOOD) スタンダード ドライブレコーダー DRV-325

f:id:kurashi-x:20170822112002j:plain

小型で使いやすい! オーソドックスな優良ドライブレコーダー

メーカー JVCケンウッド
価格 約13,500円
サイズ 37×62×51mm
重量 65g
解像度 1920×1080(最大200万画素)
フレームレート 27.5fps
記録画角 水平100°垂直52°対角111°
おすすめ度 ★★★★★

コンパクトなデザインで、取り付けてもまったく邪魔になりませんが、フルハイビジョン録画で、走行時でもクッキリ映像が記録されます。

「HDR画像補正」搭載で、急激な明るさの変化にも対応して「白とび」や「黒つぶれ」を抑えます。

バッテリーが内蔵されていて、駐車場に停めた車のエンジンを切ってから25分程度の間は監視が続きます。

他にも、LEDを含む全信号機の色識別に対応、常時録画モードなどなど、標準的なドライブレコーダーの機能はだいたい揃っています。

値段も手頃な優良商品で、特に機体の小ささを重視する人には強くおすすめできます。


カロッツェリア (パイオニア) ドライブレコーダー ND-DVR10

f:id:kurashi-x:20170822121127j:plain

「駐車監視機能」でドライブレコーダーがいないときでもしっかり監視

メーカー Pioneer(パイオニア)
価格 約16,800円
サイズ -
重量 46g
解像度 1920×1080(フルHD)
フレームレート 27.5fps
記録画角 水平105度 垂直55度 対角127度
おすすめ度 ★★★★☆

207万画素のCMOSセンサーを搭載したカメラで、フルHDのスペックをしっかり発揮して、細部までくっきりと映る映像を撮ることができます。

ドライブレコーダーから静止画を撮ることもでき、iPhoneのカメラには劣りますが、それなりにちゃんとした画質の写真になります。

車内の音声もいい音質で記憶しておけるなど、なかなかにハイスペックなドラレコです。

停車時にしっかり録画してくれる「駐車監視機能」があり、停車中の事故の詳細を記録しておいてくれます。

ただ、車を盗難されてしまった場合はドラレコもそのまま中にあるので、盗難を防止する機能があるわけではないことに注意してください。(カメラが光っていれば抑止する効果が多少はあると思いますが。)


PAPAGO GoSafe S30PRO

f:id:kurashi-x:20170822115050j:plain

フルHDで夜間映像もしっかり記録。ワンランク上の画質でドライブしよう

メーカー PAPAGO
価格 約18,800円
サイズ 26×54×55mm
重量 46g
解像度 1920×1080(最大200万画素)
フレームレート 30fps
記録画角 広角135度レンズ
おすすめ度 ★★★★☆

カメラの目と喩えられる「イメージセンサー」にSONYのセンサーを使っていて、昼間でも夜間でも美しい映像を録画することができます。

最大の解像度は他と変わりませんが、動画にしてみると鮮やかさが違います。

ノイズ低減しているので、音声もくっきり記録しやすくなっています。

少々お高いですが、画質や音質の良さにこだわる人はこの製品がおすすめです。

標準的なドライブレコーダーであれば、事故シーンやナンバープレートの記録に差し支えはないのですが、ドライブ中の気になった景色などを記録しておいたり思い出したりしたいのであれば、画質などが良いに越したことはありません。


コムテック ドライブレコーダー HDR-352GHP

f:id:kurashi-x:20170822175755j:plain

コムテックの最上級モデル! 扱いやすい最高級ドライブレコーダー

メーカー COMTEC(コムテック)
価格 約20,700円
サイズ 27.6×82×50mm
重量 128g
解像度 1980×1080(最大200万画素)
フレームレート 29fps
記録画角 水平136° 垂直70°(対角168°)
おすすめ度 ★★★★★

1万円台のコムテック製品に比べ、駐車監視機能やGPSレーダー探知機能、メーカーの3年間保証が付き、画質やノイズ低減なども良くなっています。

少々サイズは大きくなりましたが、一回りパワーアップしている感じです。

個人的には1万円台のほうのコムテック製品が十分使いやすくハイスペックですが、もう少し上のスペックのものが欲しいという方はこれを購入しましょう。


ユピテル ドライブレコーダー DRY-AS410WGc

f:id:kurashi-x:20170822185323j:plain

頭一つ抜けた映像の美しさを誇る、高級ドライブレコーダー

メーカー YUPITERU(ユピテル)
価格 約22,000円
サイズ 38×67×54mm
重量 128g
解像度 300万画素
フレームレート -
記録画角 レンズ画角対角144°
おすすめ度 ★★★★★

300万画素と、ドライブレコーダーにしてはオーバースペックとも言える解像度です。

映像が鮮明で美しく、単なる走行状況の記録ではなく、ドライブの記録として保存するのに向いています。

走ったときの映像を見返したり編集したり、動画投稿などに使いたい場合は、これくらいのスペックのものを購入するのがいいのかもしれません。

もちろん、駐車監視機能や衝突防止アラート機能などが搭載されていて、純粋にドライブレコーダーとして最高クラスの性能があります。



以上になります。

ドライブレコーダーって、数年前に比べるとだいぶ安く高性能なものが買えるようになりましたよね。

車に乗るならほとんど必須と言ってもいい製品に、これからなってくると思います。

まだ付けていないひとは検討してみてください。

広告