クラシックス

「暮らし」のプロフェッショナルを目指して

スポンサーリンク

【10/27発売】スーパーマリオオデッセイが絶対におもしろい理由と情報まとめ【神ゲー】

2017年の10月27日(金曜日)に、NintendoSwitch(ニンテンドースイッチ)の新作ソフト『スーパーマリオ オデッセイ』が発売されます。

公式トレーラーなどの事前情報だけでも、絶対におもしろいと確信できます!

私は小さな頃からマリオシリーズが好きで、小学生の頃には『マリオ64』を遊びまくっていました。

後に、ファミコンの『スーパーマリオブラザーズ』から、WiiUの『3Dワールド』まで、メインのマリオはほとんど全作品クリアしています。

それくらい私はマリオシリーズのファンなのです。そして、『スーパーマリオオデッセイ』ですが、マリオシリーズの中でも屈指の名作なのではないかと、長年マリオを遊んできた私の直感が言っています

今回は、「マリオオデッセイ」事前情報の紹介と、神ゲーだと確信できる理由をお話します。

スーパーマリオオデッセイ公式トレーラー

公式トレーラー(ムービー)をまだ見ていない人は見てみてください。

スーパーマリオ オデッセイ 1st トレーラー


スーパーマリオ オデッセイ 2nd トレーラー

もう合計で100回くらいは見ているかもしれません(笑)

『マリオ64』で初めてマリオシリーズに触れた自分としては、このワクワク感こそがマリオなんだよなあ、と思ってしまいます。

スーパーマリオの最新作がついに!任天堂が一番チカラを入れるソフト!

「スーパーマリオ」は、世界で一番ソフトが売れているゲームのシリーズです。

「マリオ」はゲーム史上最も知名度が高いキャラクターであり、任天堂の「顔」とも言えます。

栄枯盛衰が激しい娯楽産業で、ここまで長くトップを維持しているのはとんでもないことです

任天堂の新しいハードである「NintendoSwitch(ニンテンドースイッチ)」では、社の命運がかかっているだけに、任天堂は本気を出しています。

それを裏付けるのが、オープンワールドという新しい試みであると共に、ゼルダシリーズの集大成でもある『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』でしょう。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

私はゼルダシリーズも好きですが、『ゼルダBotW』は文句無しの神ゲーなので、こちらのほうもぜひ遊んでみて欲しいです。

ゼルダシリーズが玄人のゲーマーにウケるのに対して、マリオシリーズは普段あまりゲームをやらない人や、ゲームが苦手な人でも遊べます。

どちらが優れているというわけではありませんが、ソフトの売り上げ本数で見れば幅広い層のファンを持つマリオシリーズのほうがずっと多いのです。

『スプラトゥーン2』など、新しい風が吹き込まれていますが、やはりマリオはダントツで売り上げを見込めるソフトであり、任天堂は総力を注ぎ込んで、マリオの集大成を作ろうとしているでしょう

実質3作目となる、「箱庭3Dマリオ」の系譜

今作の『オデッセイ』は、「箱庭3Dマリオ」で、3Dのマップを自由に走り回れるようになっています。

ステージクリアという明確な目標が決められていないので、より自由度の高い探索が可能になります。

マリオと言えば、ステージ「1-1」から「8-4」までがある……みたいなふうにステージごとに区切られている、「ステージ型マリオ」が主流です。

2D横スクロールのマリオは全部ステージ型だし、広い宇宙を冒険できる『マリオギャラクシー』も、ステージごとに区切られているのでステージ型です。

「箱庭3Dマリオ」にあたるのは、今まででは『スーパーマリオ64』と『スーパーマリオサンシャイン』の2作だけです。

スーパーマリオ64 [WiiUで遊べるNINTENDO64ソフト][オンラインコード]

スーパーマリオ64 [WiiUで遊べるNINTENDO64ソフト][オンラインコード]

スーパーマリオサンシャイン

スーパーマリオサンシャイン

二つとも、その時代の任天堂ハードを代表する神ゲーですね。

私はマリオ64で義務教育を卒業したようなものだし、マリオサンシャインは今でも夏が来るたびにやりたくなります。というかやってます!

そして、サンシャインからなんと15年ぶりの「箱庭3Dマリオ」が、オデッセイなのです

これに興奮しないマリオファンはいないと思います。

「箱庭マリオ」は、試行錯誤しながらフィールドを歩き回ることができるので、より「冒険感」が増しています。

「オデッセイ」ってどういう意味?

今回のタイトルになっている「オデッセイ(odyssey)」とはどういう意味でしょうか?

辞書で「odyssey」を調べてみると

1.オデュッセイアの英語名
2.(波乱万丈の)長期にわたる放浪の旅
3.(教訓・知識を学べる)体験

と出てきます。

「オデッセイ」という言葉は、詩人ホメロスが書いた、『オデュッセイア』という古代ギリシャの長編叙情詩から来ています。

ホメロス オデュッセイア〈上〉 (岩波文庫)

ホメロス オデュッセイア〈上〉 (岩波文庫)

『オデュッセイア』は、英雄「オデュッセウス」が、様々な未知に遭遇し、数多くの苦難を経験しながらも、放浪の旅から故郷へ帰る物語です。

今回タイトルには、未知のものに出会う冒険の壮大さと深さが詰まっていますね。

マリオが冒険に使う乗り物の名前は「オデッセイ号」です。

ストーリー

f:id:kurashi-x:20170804131522j:plain
f:id:kurashi-x:20170804131532j:plain

ピーチ姫がクッパに連れさらわれてしまいます。

それをマリオが助けに行くという、シリーズお決まりのパターンです。

もうスマブラなど色々なタイトルに参戦したり、マリオと協力して敵と戦ったりしているクッパですが、素直に敵キャラだとは思えません(笑)

役者として、与えられた役を忠実にこなしている印象すら受けます。

映画のポスターの演出は、そういう含みもこめられているのかもしれませんね。

クッパは、4人組のウェディングプランナー「ブルータルズ」を雇い、ピーチ姫と結婚式を挙げようとします。それを阻止するため、マリオは様々な「国」を冒険しながらクッパを追っていきます。

オデッセイ号

f:id:kurashi-x:20170804140959j:plain

国々を冒険するときに使う乗り物が「オデッセイ号」です。

それぞれの国には、たくさんの「パワームーン」が存在し、それらを集めることでオデッセイ号がパワーアップさせ、次に国に行くことができるようになるのです。

パワームーン

f:id:kurashi-x:20170804142221j:plain

可愛らしい見た目をしています。

マリオ64で言う「スター」、マリオサンシャインで言う「シャイン」にあたるものが、今作は「パワームーン」になるのです。

ステージクリアの概念はなく、「国」にちらばる「パワームーン」を集めることが目的になります。

アクション

「ジャンプ」と「はしる」といったおなじみの基本アクションに加えて「帽子投げ」や「キャプチャー」といった新しいアクション(ギミック)が本作から追加されました。

ジャンプ

マリオと言えば「ジャンプ」です!

タイミング良く3段ジャンプをすればより遠くに跳ぶこともできます。

シンプルなアクションなのですが、とても気持ちいいんですよね。

「ジャンプしているだけで楽しい」というのがマリオシリーズのスゴさですね。

はしる

「Bダッシュ」のようなダッシュはありませんが、下り坂などの地形で走ることができます。

ステックの傾きで操作し、爽快感のあるアクションが可能になりそうです。

帽子投げ

f:id:kurashi-x:20170804142545j:plain

「オデッセイ」の新しいアクションです。

敵を攻撃したり、帽子を踏み台にしてより高くジャンプできます。

「Joy-Con」で直感的に操作することが可能です。

上に振ると「上投げ」、下向きに振ると転がすことができたり、「Joy-Con」を両方とも横向きに振ると「回転投げ」になります。

他にも、「帽子投げ ホールド」や「帽子投げ ホーミング」などの技があります。

キャプチャー

f:id:kurashi-x:20170804142603j:plain

なんと今回は、帽子を相手に被せて操ることができるんです。

「クリボー」や「ノコノコ」など、おなじみのキャラクターを操作することができます。

キャプチャーされたキャラは見た目がマリオっぽくなるという残酷(?)な能力です。

f:id:kurashi-x:20170804143355j:plain

ハンマーブロスをキャプチャーすると、ハンマーを投げることができます。

オデッセイから新しく登場するキャラも当然キャプチャーできるので、このシステムによってアクションの幅は無限に広がりそうです。

ステージ(国)

今作では、マリオは様々な「国」を旅します。

個性豊かな国々があり、国ごとに色々なギミックや衣装があります。

帽子の国「カブロン」

f:id:kurashi-x:20170804145744j:plain

夜の帳に包まれ、大きな満月が見える静かな雰囲気の国です。

今回のキーアイテムは「帽子」。

マリオはここで今作の相棒「キャッピー」と出会い、冒険が始まります。

都市の国「ニュードンク・シティ」

f:id:kurashi-x:20170804145810j:plain

まるで「NY(ニューヨーク)シティ」のようなフィールドで、都会風のスマートな男女が生活しています。

古き良き時代のアメリカを思わせるデザインで、高層ビルが立ち並び、映画産業も発展しています。

砂の国「アッチニーニャ」

f:id:kurashi-x:20170804145759j:plain

砂漠地帯ですが、地下には氷の世界が広がっています。

伝統の民族衣装は「ポンチョ帽」と「ポンチョ服」です。

カラフルな建物に陽気なアッチニーニャ人たちが住んでいます。

料理の国「ボルボーノ」

f:id:kurashi-x:20170804164004j:plain

パステルカラーの鮮やかな食材が満載の国です。ハンバーブロスはハンマーの代わりにフライパンを持っています。

巨大な鍋の下には火山があります。

滝の国「ダイナフォー」

f:id:kurashi-x:20170804163723j:plain

大瀑布がおりなす地球最後の秘境と言われています。太古より生息する生物……すなわち「恐竜」がいます。

デフォルメされていなく、意外にもリアルな見た目をしています。

キャラクター

今作も個性的なキャラが続々登場です。気になるやつを紹介していきます。

キャッピー

f:id:kurashi-x:20170804160953j:plain

今作の相棒はこの子。マリオの帽子に変身して、一緒に世界を冒険します。「キャプチャー」の能力も彼のおかげ。

オバケっぽい見た目をしているけど、実はちょっぴり臆病らしいです。

ピーチ

f:id:kurashi-x:20170804161316j:plain

シリーズおなじみピーチ姫も登場。

ウエディングドレスを着ているけど、表情は不安そう。持っているブーケの花がパックンフラワー(笑)

クッパ

f:id:kurashi-x:20170804162958j:plain

今作のクッパは、シルクハットの帽子をかぶり、きっちりウェディングスーツを着てキメています。

ボスキャラらしい風格もあります!

ブルータルズ

f:id:kurashi-x:20170804163224j:plain

クッパに雇われたウェディングプランナーのウサギたちで、今作の新しい敵キャラです。

被っている帽子は能力と何か関係があるのでしょうか?

ティラノサウルス

f:id:kurashi-x:20170804164035j:plain

あの肉食恐竜も登場します。滝の国「ダイナフォー」に生息しているみたいです。

「キャプチャー」して操作することも可能です。

古代アッチニーニャ人

f:id:kurashi-x:20170804165423j:plain

砂の国「アッチニーニャ」では、夜になると砂漠が冷えきり、ミイラになった古代アッチニーニャ人が襲いかかってきます。

ポリーン

f:id:kurashi-x:20170804165101j:plain

都市の国「ニュードンクシティ」の市長を務める美女です。

豪腕と評判で、平和な街を目指して働く姿勢は、市民からの支持も厚いそうです。

趣味は歌うことで、上で紹介した「トレーラー2」で流れる曲「Jump Up, Super Star!」」はポリーン市長が歌っているんだとか。

ゲームシステム

スーパーマリオオデッセイ特有のゲームシステムです。

2Pプレイに対応

本作は基本的に1人プレイ用ですが、2人プレイで遊ぶことも可能です。

1Pはマリオ、2Pはキャッピー(帽子)を操作します。

『マリオギャラクシー』のアシストプレイと似たような感じですね。

ゲームオーバーにはならない

マリオのライフがなくなっても、ゲームオーバーにはならず、コインが減る10枚減るだけで済むそうです。

手持ちコインが9枚以下の状態でやられてしまった場合も、コインが0になるだけで、「ゲームオーバー」にはなりません。

ただ、これによって「ヌルゲー」になったとは私は思いませんね。マリオシリーズは、間口が広いにも関わらずしっかりとした歯ごたえを味わえるのが魅力なのです。(ぶっちゃけ、ギャラクシーとか普通に難しいですよね?)

まとめ:マリオオデッセイが絶対おもしろい神ゲーである理由

正直な話、私は最初の紹介映像と画像を見たとき、「ええっ……!?」という感じでちょっと落胆してしまいました。

ニューヨークのようなリアル風の街並みを見ていて、マリオ世界の3頭身くらいのキャラがそこにいるのが違和感に感じたからです。

しかし、トレーラーを見たり、実際のプレイ映像を見たりしていて、それがだんだん自然になってくるというか、未知の「マリオ」が味わえる気がしてきたのです。

オデッセイの、国をまたげば、デフォルメの程度もちょっと違ってきたりする感じが、何か新しい世界の可能性を感じさせます。

あの任天堂が、世界感がバラバラでクオリティの低い作品をマリオで出してくるわけがありません!

だとすればそこには、何か感心してしまうような作り込みやアイデアが詰まっているはずです。

マリオオデッセイの発売日はまだ先ですが、少しでもこのワクワクを共有したいと思って記事を書きました。

新しい情報が入り次第、追記などしていくかもしれません。マリオ好きの方は、一緒にワクワクしながら新作の発売を待ちましょうね!

広告