クラシックス

「暮らし」のプロフェッショナルを目指して

スポンサーリンク

「モバイルバッテリー」のおすすめを紹介!スマホやノートPCの充電、iPhoneやMacにも対応

みなさんは「モバイルバッテリー」というものを知っていますか?

「モバイルバッテリー」とは、持ち運べるバッテリーのことで、外出中、スマホ(スマートフォン)やタブレット端末を充電することができます。

「バッテリーを持ち歩く」と聞くと、なんだか大変なイメージを持ってしまうかもしれませんが、最近のモバイルバッテリーはびっくりするほど小さくて軽く、カバンに入れておいても何の負担もありません

外出先、電池の残量が不安になってしまうことってありませんか?

そういうときに便利なのがモバイルバッテリーです。

端末のバッテリー容量を増やし、いざという時にも役立つ

充電コードとモバイルバッテリーさえ持っていれば、スマホの電池がなくなったときにいつでもどこでも充電できます。モバイルバッテリーを持つと、実質的にスマホ端末のバッテリー容量が増えるのです。

仕事で電話をかけることが多いとか、通勤中に動画をたくさん見るとか、電池の消費が激しい使い方をする人は、一つカバンに忍ばせておけば安心感が違うはずです

『ポケモンGO』が大ブームになったときは、プレイヤーの多くがモバイルバッテリーを買っていましたね。電池消費量の多いゲームなので、バッテリーがないと遊べなかったのです。

友達や恋人と出歩くときなんかにも、相手の充電が切れたときにモバイルバッテリーを持っていると感謝されることが多いですね。

電池は現代社会の必需品であり、スマホの普及でモバイルバッテリーの重要さはますます高まっていると言っていいと思います

モバイルバッテリーの使い方、選び方

電池を保存して取り出せるようにしておくバッテリーなので、基本的にどれも仕組みは同じです。

USBポート(USBを差し込める穴)があるので、そこに繋いで充電します。スマホの充電ケーブルは、普通のものであればUSBに繋げるようになっているので、(一部Android端末を除き)モバイルバッテリーさえ買えばスマホを充電できます。

モバイルバッテリーを選ぶときの基準として、「電池容量(mAh)・サイズ・重さ」があります。一般的には、電池容量が多く軽くて小さいほうが好ましいとされています。

電池容量ですが、2000mAhで、だいたい普通のスマホの充電を1回ゼロから満タンにするくらいと考えてください。

あとはデザインが気にいるかと、価格が大丈夫かどうかですね。

それでは、さっそくですが紹介していきます!

対応機種ですが、ここで取り上げるものはどれも「iPhone」「Android」「Nintendo Switch」に対応しているので、参考にしていってください。

Anker PowerCore Speed 10000 QC(アンカー・パワーコア)

f:id:kurashi-x:20170718103432j:plain

メーカー Anker(アンカー)
電池容量 10000mAh
サイズ 縦90mm 横60mm 厚み20mm
重さ 約180g
接続 USB、Micro-USBコネクター
価格 約3,000円
おすすめ度 ★★★★★

値段の割に圧倒的なスペックを持つモバイルバッテリーの人気商品です

この軽さと小ささで、10000mAhの容量があり、しかも3,000円程度と、特にこだわりがないのであればこれを選んでしまっていいです

「モバイルバッテリー」の便利さ、心強さを、確実に感じられる良製品だと思います。

同時の温度管理テクノロジーを搭載していて、高温を検知すると熱を下げる仕組みを持っています。カバンに入れて使っても過度に熱くなることがないので、万が一の危険もなくしています。

サージプロテクターやショート防止機能も搭載され、機能性のみならず安全性にも完璧に配慮された一流メーカーの製品です。


BUFFALO モバイルバッテリー 自動判別6700mA

f:id:kurashi-x:20170718103443j:plain

メーカー BUFFALO(バッファロー)
電池容量 6700mAh
サイズ 縦53mm 横88mm 厚み23.6mm
重さ 約135g
接続 USB、MicroBコネクター
価格 約2,000円
おすすめ度 ★★★★

安い値段なのに、軽くて電池容量も多く、とてもコストパフォーマンスの良いモバイルバッテリーです。

USB機器などで信頼のおけるブランド「バッファロー」の製品で、シンプルな使い勝手の良さが魅力です。

2600mAhから6700mAhまで電池容量の幅が選べますが、容量を少なくしても値段はあまり変わらないので、6700mAhの型が一番お得ではあります。

ただ、電池容量が小さいものだと、よりサイズも小さくなるので、電池容量の低いものを選ぶもの十分アリだと思います。(2600mAhの型は丸型でオシャレです。)

カラーも、ホワイトのみならず、ブラック、ブルー、ピンクがあるので、自分に合ったものを選んで買えます。


パナソニック モバイルバッテリー搭載AC急速充電器

f:id:kurashi-x:20170718163911j:plain

メーカー Panasonic(パナソニック)
電池容量 1880mAh
サイズ 縦98mm 横57mm 厚み19mm
重さ 約200g
接続 USB、USB-microB
価格 約2,500円
おすすめ度 ★★★

安定のパナソニック製です。

電池容量は少ないですが、普通に足りなくなった電池を充電するぶんにはこれで十分かもしれません。(2500mAhのバージョンもあります。)

スペックの割には値段が高めですが、国内メーカーの人気商品であり、コンビニや家電量販店など、売っている場所は多いです。

カラーバリエーションも豊富で、悪くない商品だと思います。


AUKEY モバイルバッテリー 大容量 30000mah

f:id:kurashi-x:20170718150842j:plain

メーカー AUKEY(オーキー)
電池容量 30000mAh
サイズ 縦150.5mm 横84mm 厚み29mm
重さ 約580g
接続 USB、Micro、iPhone7、iPad Pro
価格 約5,000円
おすすめ度 ★★★★

とにかくたくさん充電したい!」という人には、30000mAhもある「大容量モバイルバッテリー」がおすすめです。

iPhoneなどの標準的なスマホなら10回以上も満タンにできます。一日中『ポケモンGO』を遊べますね。

USBを接続できる場所が2ヶ所あるので、他の人と電池をシェアすることも可能です。

一般的な使い方よりもたくさん使う予定のある人用です。

ただ、注意点ですが、リチウムイオン電池のワット時定格量が100whを超えるものは、飛行機の中に持ち込んではいけないことになっています。30000mAhの大容量モバイルバッテリーは、111Whで規定の値を超えてしまうので、機内持ち込みは禁止されています。

20000mAh以下であれば問題ないのですが、飛行機に乗る予定のある人は注意してください


cheero Power Plus(チーロ・パワープラス)

f:id:kurashi-x:20170718172423j:plain
f:id:kurashi-x:20170718172431j:plain

メーカー cheero(チーロ)
電池容量 4200mAh
サイズ 縦107mm 横67mm 厚み9.5mm
重さ 約105g
接続 USB、MicroUSB
価格 約3,000円
おすすめ度 ★★★★★

最近は、モバイルバッテリーも誰もが持つ電子機器になったことから、デザイン性の良いものが続々販売されていますね

中でもおすすめしたいのが「cheero(チーロ)」です。

「ダンボー」が人気ですが、けっこう色んな種類のものがあるのでAmazonの関連リンクから探してみてください。

デザイン性の高いモバイルバッテリーは性能が残念なことが多いのですが、チーロはとても機能性に優れています

というか、薄いし軽いし電池容量も多いし、下手なモバイルバッテリーよりも格段に性能が高いです

薄めなので、カバンやポーチに入れやすいようになっているのも素晴らしい。女性にも人気みたいです。

正直、かなりオススメの商品です。気に入ったデザインのものがあれば、チーロを選んでいいんじゃないかなと思います。


ポータブル電源 RAVPower 20100mAh モバイルバッテリー

f:id:kurashi-x:20170718160318j:plain

メーカー RAVPower(ラブパワー))
電池容量 20100mAh
サイズ 縦69mm 横69mm 厚み146mm
重さ 約585g
接続 USB、USB-C、ACアダプタ対応
価格 約14,000円
おすすめ度 ★★★★★

ノートパソコンを充電したいのであればこれがオススメ!

スマホを充電するならUSBポートやUSB-Cポートがあればいいのですが、ノートパソコンを充電するときは「ACポート(コンセントを差し込む穴)」に対応している必要があります

逆に言えば、ACアダプタを差し込めさえすれば、「Windows」であろうと「Mac」であろうと、ドライヤーであろうと掃除機であろうと充電して使うことができるのです

スマホ用のモバイルバッテリーは2,000円以下の値段でも買えるのですが、ACアダプタのついたPCも充電できるモバイルバッテリーとなると一気に値段が跳ね上がりますね

出先で仕事をすることが多いビジネスマンやノマドワーカーにとっては心強いアイテムですが、お値段はそれなりです。

PCも充電できるモバイルバッテリーで一番おすすめなのがこの商品です

20100mAhあるので、13インチの最新型「MacBookPro」なら約2.6回くらい充電できるそうです。Windowsの標準的なノートパソコンであれば3回ぶんくらいでしょうか。

パソコン意外にも、電源のコンセント(ACポート)はあらゆる電子機器に対応しているので、旅行時などあれば便利なことは間違いありません。


Anker PowerHouse(アンカー・パワーハウス)

f:id:kurashi-x:20170718175844j:plain

メーカー Anker(アンカー)
電池容量 120,600mAh
サイズ 縦200mm 横145mm 厚み165mm
重さ 約4,2kg
接続 USB、Micro-USB、DCケーブル、ACアダプタ
価格 約50,000円
おすすめ度 ★★

最後に、こういう「モバイルバッテリー?」もあるよ、ということで紹介です。

なんと120,600mAhで、むしろ使い切るのが難しいほどの容量です。

私もこれを持っているのですが、意外とコンパクトで持ち運びしやすいんです。

キャンプとか合宿とかに使います。どこかに旅行するときなども、車にこれだけの「電気」を積んでおけば、何かあったときに心強いですよね。

停電時や災害時のバックアップ用電源として使うことが推奨されていて、電気が止まってしまったときも、家にこれがあればしばらくは電気が使えるみたいです。万が一のために、月1で充電して家に置いてますね。

とてもいい製品なのですが、まあ5万円もする高価なものですし、必需品というわけでもないので、それほどはおすすめできないかなあ。

気になった方はチェックしてみてください!



以上になります。

スマホをたくさん使う人にとっては、モバイルバッテリーは必需品と言っても過言ではありません。

この記事があなたのモバイルバッテリー選びの参考になったのであれば幸甚です。

広告