クラシックス

「暮らし」のプロフェッショナルを目指して

スポンサーリンク

炊飯器を使わずにご飯を炊く方法、土鍋、電子レンジで炊ける容器、フライパンを紹介

みなさん、実は「ご飯」って、炊飯器が無くても簡単に炊けるんです

炊飯器で炊くのが面倒くさいときや、一人の一食分だけが欲しいときなんかは、電子レンジやフライパンで炊いたほうが便利かもしれません。

f:id:kurashi-x:20170715122311j:plain

炊飯器は絶対に必要な家電か?

f:id:kurashi-x:20170715122327j:plain

ご飯は炊飯器で炊くのが当たり前とされてきました。

炊飯器の一番のメリットはたくさん炊けることです。3人以上の家族がいる家庭は炊飯器を使うのが良さそうですね。

また、最近は美味しく炊ける炊飯器も充実しており、便利な家電であることは間違いありません。

ただ、一人暮らしをしている人に炊飯器が必ずしも必要なのかというと疑問です

部屋が狭い都会の一人暮らしなんかは、炊飯器を置くスペースが意外と無くてツラかったりします。

あと、洗う手間とかけっこうかかるんですよね。放っておくと嫌な匂いがしたりカビが生えたりしてしまうし。

炊飯器は素晴らしい文明の利器なのですが、一食分のご飯をささっと炊きたいときは、電子レンジやフライパンを使って炊いたほうが楽かもしれません

個人的には、一人分のご飯を炊くための一番オススメの方法は「電子レンジ専用炊飯器」ですかね。

電子レンジで炊くと美味しくないみたいな印象を最初は持っていましたが、下手な炊飯器を使って炊くよりも普通に美味しいです。

短時間でささっと炊きたいときは、フライパンもけっこうオススメですね。

今回は、その方法などを紹介していきます。

ご飯が炊けるってどういうこと?炊飯(すいはん)の仕組み

f:id:kurashi-x:20170715122718j:plain

そもそもご飯が「炊ける」ってどういうことでしょうか?

炊飯器にご飯と水を入れてスイッチを押せば炊きあがるので、原理を知らない人は多いと思います。

と言っても、全然難しい話ではありません。

「ご飯を炊く」とは、単にお米を煮るといっただけのことで、水と熱があればそれでいいのです

煮るときに水が多ければ「ベチャッとしたご飯」や「おかゆ」になり、水が少なければ「固めのご飯」になります。

お米は「糊化(こか)」をし、表面が溶け出して粘り気が出ることで、ふっくらもちもちの「ご飯」になるのですが、そのためには加熱する必要があります。よって、ただ水にご飯を浸すだけではご飯にならず、何らかの方法で熱を加えなくてはいけません

逆に言えば、水と熱さえあればご飯は炊けます

だからこそ、土鍋でも電子レンジでもフライパンでもお米を炊くことができるのです。

土鍋でご飯を炊く方法

炊飯器が無い時代は、土器などの器にご飯を入れて煮炊きをしていました。

当然ですが土鍋があれば、同じやり方でご飯を炊くことができます。土鍋でなくても、「鍋」でさえあれば普通に炊くことが可能です。

やり方は非常に簡単で、「研いだお米」と「水」を鍋の中に入れて、そのまま火をつけて煮るだけです。

最初は強火で、だんだん弱めていくというのがオーソドックスな炊き方のようです。

鍋炊きは、最もシンプルな方法ですがそのぶん奥が深いです

どのような鍋の形状が良いのか、お米の量に対してどれだけの水を入れるべきか、火力をどのように調節していくか……などなど、考えることはたくさんあります。

水の量や炊き方の目安は、以下のサイトなどが参考になると思います。

炊飯器の便利なところは、どれだけのお米に対してどれだけの水を入れればいいか誰にでもわかり、途中で火力の調整などをする必要がないことですね。

土鍋は、上手にやれば炊飯器よりもずっと美味しく自分好みに炊くことができますが、調整が難しいです

一流の料亭や料理屋さんはみんな土鍋を使っています。ご飯の美味しい炊き方も、それぞれに流儀があるのだと思います。

土鍋でご飯を炊くのは、便利というよりは、こだわりを持ちたい方のためのマニアックなやり方と言えそうです

最後におすすめの土鍋を紹介します。1合から7合まで選べるので、自分に合ったサイズのものを買えます。

萬古焼 ご飯土鍋 3合炊き 伊賀風 M4806

萬古焼 ご飯土鍋 3合炊き 伊賀風 M4806


電子レンジでご飯を炊く方法

電子レンジでもご飯は炊けます。専用の器がなくても、電子レンジOKな蓋付きの容器さえあれば、どのようなものでも可能です。

ただ、電子レンジだからと言ってスグに炊けるわけではありません。意外と時間がかかります。

まず、器に研いだお米と水を同時に入れて、20~30分ほど水を吸わせます

その後、水とご飯を一緒にいれて、蓋やラップをしてから、電子レンジで10分ほど加熱すれば炊きあがります

炊き上がった後は、しばらく蒸したほうがいいかもしれません。

水よりお湯のほうがお米は吸水しやすいので、研いだ後にお湯と一緒に置いておけば、吸水の時間は短縮できそうです。とは言っても、けっこう面倒くさいことに変わりはありません。

また、普通に電子レンジを使った場合、細かい調整ができないので、あまり思った通りに炊けないと思います。

個人的におすすめしたい方法は、「電子レンジでお米を炊く用の容器(電子レンジ専用炊飯器)」を使うことです。これならずっと快適に炊けます。

「電子レンジ専用炊飯器」でお米を炊く

土鍋や容器を使う場合、どれだけの米にどれだけの水を入れればイイ感じに炊けるのかわからないという方が大半だと思います。

電子レンジでお米を炊きやすい形状になっていて、専用の計量カップでどれだけ水と米を入れればいいかわかる、「電子レンジ専用炊飯器」がとても便利です

「電子レンジ専用炊飯器」といっても、ただの容器なのですが、誰でも電子レンジで美味しいお米が炊けるように作られているし、値段も安いので、炊飯器の代わりになる良い商品だと思います。

備長炭入り ちびくろちゃん

f:id:kurashi-x:20170715104136j:plain

少量のご飯をおいしく炊くための便利な電子レンジ専用炊飯器です。

色んなところで紹介されている有名な商品ですね。

材質は備長炭入りの耐熱ポリプロピレンです。

しゃもじや計量カップなど、必要なものがすべてついてきて、なおかつ値段が1,000円以下なので、非常にお手頃です

説明書もしっかりついてくるので、誰でも簡単に美味しくお米がたけるように作られています。お米を炊くだけじゃなく、蒸しパンを作れるレシピなんかもついてくるのがいいですね。

たまにしかご飯を炊かない人や、一人暮らしで炊飯器は持ちたくない人におすすめです。

カクセー 電子レンジ専用炊飯器 備長炭入り ちびくろちゃん 2合炊き

カクセー 電子レンジ専用炊飯器 備長炭入り ちびくろちゃん 2合炊き


パール金属 電子レンジ炊飯器

f:id:kurashi-x:20170715110129j:plain

パール金属という、陶磁器製の電子レンジ炊飯器もあります。

手軽に一人用のご飯が炊ける他、「お粥」が作りやすく、お粥をよく食べる人におすすめです

電子レンジで発生した熱が筒状のマグ全体に行き渡るようになっているので、炊き上がりまでの時間が短いです。

特に「お粥」は、普通に作るよりもずっと早く出来上がります。


フライパンでもご飯は炊ける

フライパンで炊くやり方は、炊飯器や電子レンジよりもずっと早く、最短でご飯が作れます

まず、研いだお米を水と一緒にフライパンに入れて、蓋をして強火で沸騰させます。

沸騰した後は、焦げないように弱火にして加熱していけば、ふっくらとしたご飯になります。

上手なやり方は以下のクックパッドレシピが参考になります。

フライパンの最大のメリットはスピードです。面積の広いフライパンでお米を加熱するので、短時間で炊きあがるのです。

一方で、炊飯器や電子レンジと違って、なかなかフライパンから目を話せず、油断してしまうと焦げたり吹き出したりしてしまうので、作るのは大変です

しかし、最短で炊き上がったご飯を作れる裏ワザなので、覚えておいて損はないと思います。

最後に、安くてクオリティの高いコスパ最高のフライパンを紹介しておきます。


やはりお米を買ったほうがお得

最短でご飯を食べる方法の代表格と言えば、「サトウのごはん」ですよね。

サトウのごはん 新潟県産コシヒカリ 200g×20個

サトウのごはん 新潟県産コシヒカリ 200g×20個

サトウのごはんは、「電子レンジで炊いたご飯」のように感じますが、実は違って、普通に炊いたご飯をパックに詰めているのです。

「無菌化包装米飯」と言い、殺菌した後に酸素が入らないようにして、中で菌が繁殖しないようになっています。

そのため、一度炊いたご飯にも関わらず、驚くべき賞味期限の長さを誇るのです。

「サトウのごはん」は、そこそこ美味しく、しかもめちゃくちゃ便利なのですが、如何せん料金が高すぎです。

普通にお米を買って、頑張って炊いたほうが、ずっと安く美味しいお米が食べれます。

【精米】秋田県産 無洗米 あきたこまち 平成28年産 5kg

【精米】秋田県産 無洗米 あきたこまち 平成28年産 5kg

「手間」と「お金」がトレードオフの関係にあるので、どちらをとるかはその人次第ですね。


毎日お米を炊くなら炊飯器を使ったほうがいいかも……?

こうして書いてみると、お米を炊くのも楽じゃないことがわかります。

土鍋は難しいし、電子レンジでも意外と時間がかかるし、フライパンは目を離せない。

そして、やはり炊飯器は便利ですね。

研いだ米と水を入れるだけで、数十分後には炊き上がっているのですから。

しかも、保温機能がついているので、炊き上がってしばらくした後も温かいです。

毎日お米をたくさん食べるという人は、炊飯器を買うのがいいのかもしれません。

「一人暮らしだし、炊飯器を使うほどではない」という人には、上で紹介した「電子レンジ専用炊飯器」がおすすめです

広告